夜・梅・祭(1)

3月5日、偕楽園では第6回の夜梅祭が開かれました。

午後6時、オープニングの花火に引き続き、

常盤神社の能舞台前では川又南岳先生の揮毫がありました。

右が能舞台、正面が本殿、紫紺の空の下で開始を待つ観客。

d0110576_16272312.jpg







先生の力感、気合、影を狙い、こちらも気合を入れて撮りました。

d0110576_1628372.jpg



d0110576_16282819.jpg



d0110576_16362136.jpg



d0110576_16292934.jpg



d0110576_162959100.jpg



今年の揮毫は「縁」でした。

縁といえば、思い出すのがジャズの名曲 What a difference a day made です。

「縁は異なもの」などと訳されることが多いのですが、

直訳「たった一日で世界がなんと変わってしまったことか」が歌の内容をよく表しています。

意中の人に愛を告げられて、舞い上がってしまった人の歓喜の歌ですね。

d0110576_16305097.jpg


D7000+VR16-85
[PR]
by oldsan | 2011-03-07 14:41 | 偕楽園
<< いつまでも 涸沼の四季 >>