人馬の輝く日

7月23日、福島県相馬市、相馬支部の皆さんの案内で、相馬野馬追を見てきました。

1.侍大将の小川さん宅、年に一度の晴れ舞台に馬も輝いていた。
d0110576_1482015.jpg







2.侍大将の小川さん
d0110576_1494674.jpg



3.小川さん宅では、小川さんと息子さん(左)、お孫さん(中央)の3世代が出場した。
d0110576_14125161.jpg



4.軍者の大森さん宅、騎馬装束の着付けの様子。武具一式30kgを身に着けるという。
d0110576_1434622.jpg



5.高校生の息子さんが法螺貝を吹いて出陣を祝う。
d0110576_1454610.jpg



6.田圃道を総大将お迎えの式場に続々と集まる人馬。
d0110576_14135116.jpg



7.緑の風景に人馬が溶け込む。相馬の人と馬が一年に一度、もっとも輝く日だ。
d0110576_14183331.jpg



8.青空と緑のなかを歩む武者装束の人馬。
d0110576_14141834.jpg



9.
d0110576_14144060.jpg



10.
d0110576_14151652.jpg



11.法螺貝を持った若い女性の一団。式場にて一斉に法螺貝を吹くのは若い女性の役目のようだ。
d0110576_1415482.jpg



12.
d0110576_14161414.jpg



13.ミニ神旗争奪戦に向かう人馬。
d0110576_14165385.jpg



14.ミニ神旗争奪戦。神旗を獲得すると、昔はリヤカーに積みきれないほどの賞品が貰えたという。
d0110576_14174664.jpg


案内してくれた相馬支部の皆さん、撮影を許してくれた大森さん、小川さん、大和田さん、ありがとうございました。
人と馬が輝く相馬野馬追、素晴らしかったです。
お伺いしたお宅では年に一度のこの日のために馬を大切に育て、武具を手入れしています。
[PR]
by oldsan | 2010-07-29 14:19 | 旅の思い出
<< 筑波入日 梅雨時の朝 >>